• 項目名称
    FormPatの検索時に指定する名称になります。
  • 項目属性
    項目の種類を選択します。
  • 編集属性
    項目属性の詳細や表示形式が表示されます。
  • 可視表示
    「入力」はブラウザでの表示有無を選びます。
    「印刷」は印刷時の表示有無を選びます。
    チェックを外すことで隠し項目として利用できます。
  • 読み取り専用
    表示のみとし入力させたくないときチェックします。
  • 検索対象
    FormPatの検索対象項目にするときチェックします。
  • グループ名称
    異なる「項目名称」の項目を同じグループ名称にまとめることで、FormPatの検索時にグループ名称による一括検索が可能になります。
  • 明細行数(*1)
    明細繰り返し項目のとき行数を入力します。0は単独項目になります。
  • 明細グループ(*1)
    明細繰り返し項目のとき項目が含まれるグループを選択します。
    フォームがヘッダー部・ボディ部・テイル部等で構成される場合、明細グループはすべて1など同じ値を選択します。
    フォームがヘッダー部・ボディ部1・ボディ部2・テイル部等で構成される場合、ボディ部1の明細グループは1、ボディ部2の明細グループは2などを選択します。
  • 固定リテラル
    「テキスト」,「ラベル」では表示する文字列
    「コンボボックス」ではドロップダウンリストの既定値
    「チェックボックス」,「ラジオボタン」ではオン、オフの既定値(1がオン、0または空白がオフ)
    「画像」では画像ファイル名
    それぞれを入力します。
  • 計算式
    「ラベル」のとき計算式を入力できます。
    計算式を使用するには、編集属性を数値にします。
    詳しくは「補足情報 – 計算式」を参照
  • パラメータ
    「コンボボックス」ではドロップダウンリストのデータをカンマ区切り(,)で入力します。
    [記述例]
    営業1課,営業2課,開発1課,開発2課
    「ハイパーリンク(ラベル)」ではリンク先のURLを入力します。
    [記述例 – Webサイトへリンク]
    http://www.digitalassist.co.jp/
    [記述例 – 社内ドキュメントへリンク]
    http://localhost/FormPat/docu/manual.pdf
    「DB参照ボタン」,「手書きボタン」,「貼付画像」ではポップアップウィンドウのサイズを入力します。省略すると既定のサイズで表示されます。サイズを変更したいときに入力してください。
    Width=ウィンドウの横幅,Height=ウィンドウの高さ
    [記述例]
    Width=640,Height=520
    [既定のサイズ]
    「DB参照ボタン」Width=800,Height=600,「手書きボタン」Width=430,Height=420(手書き有効サイズはWidthから-30, Heightから-120),「貼付画像」Width=430,Height=420(スマホのときWidth=290,Height=315)
  • ヒント
    FormPat実行時、マウスポインタを乗せると入力した文字が表示されます。(ツールチップ)
  • ラジオグループ名称
    同じ選択肢に属するラジオボタンは同じグループ名称を入力します。
  • 外部参照名称
    「テキスト」,「コンボボックス」,「チェックボタン」,「ラジオボタン」,「カレンダ「DB参照ボタン」,「ハイパーリンク(テキスト)」の初期値を外部ファイルに記述することができます。
    外部ファイルを使用する場合、外部ファイルの参照名称を入力します。
    詳しくは「補足情報 – 外部参照名称の外部ファイル」を参照してください。

(*1) デザイナー v6.0.0 以降の機能です。