「プロパティ」→「基本情報」タブの「外部参照名称」は、「テキスト」,「コンボボックス」,「チェックボックス」,「ラジオボタン」,「DB参照ボタン」,「カレンダーボタン」,「ハイパーリンク(テキスト)」,「ラベル」の固定リテラル、パラメータ等の値を定義した外部ファイルの外部参照名称を定義します。

初期値を外部ファイルで定義しておくと、デザイナーで定義した複数フォームの固定リテラル、パラメータ等の値を変更したいときに、外部ファイルの修正だけて一括変更できるメリットがあります。

外部ファイルはXML 形式で記述しますので、参照名称はXMLで記述可能な文字を使用する必要があります。

外部ファイルは、メモ帳等のテキストエディタで SetControl.xml というファイルを作成します。
SetControl.xml は、文字コードを ANSI で保存してください。
(記述内容はXMLの規約に従ってください。)

[外部ファイルの記述形式]
<?xml version=”1.0″ encoding=”Shift_JIS” ?>
<ROOT name=”Set Control Data”>
<VERSION>任意に記述</VERSION>
<TITLE>任意に記述</TITLE>
<FORM>
<FORMNAME></FORMNAME>
<SECTION>
<SECTIONNAME></SECTIONNAME>
<DATA>
<NAME></NAME>
<SETDATA>
<CTRL>外部参照名称ごとの記述</CTRL>
:繰り返し
</SETDATA>
</DATA>
</SECTION>
</FORM>
</ROOT>

[記述形式の補足]
<FORM>, <SECTION>, <DATA>, <CTRL> はそれぞれの階層で複数設定することができます。
<FORMNAME> にフォーム名を設定すると特定フォームの定義を行えます。
<SECTIONNAME>, <NAME> は現在未使用です。

[<CTRL>の記述]
<CTRL> は項目属性で記述ルールが異なります。

  • 「テキスト」,「カレンダーボタン」,「ハイパーリンク(テキスト)」,「ラベル」
    <CTRL>外部参照名称,固定リテラル</CTRL>
    (例)
    「外部参照名称」が”タイトル”の項目の固定リテラルに”商品一覧”を設定
    <CTRL>タイトル,商品一覧</CTRL>
  • 「コンボボックス」
    <CTRL>外部参照名称,初期値,リスト1,リスト2,…</CTRL>
    (例)
    「外部参照名称」が”品名”の項目のパラメータに”冷蔵庫,テレビ,洗濯機”を設定
    <CTRL>品名,冷蔵庫,テレビ,洗濯機</CTRL>
  • 「チェックボックス」,「ラジオボタン」
    <CTRL>外部参照名称,0または1</CTRL>
    (例)
    「外部参照名称」が”確認”の項目の固定リテラルに”1″(チェックオン)を設定
    <CTRL>確認,1</CTRL>
  • 「DB参照ボタン」
    ■ ボタンに文字を表示
    <CTRL>外部参照名称,固定リテラル</CTRL>
    (例)
    「外部参照名称」が”担当参照”の項目の固定リテラルに”検索”を設定
    <CTRL>担当参照,検索</CTRL>
    ■ DSNを設定
    <CTRL>[DSN],外部参照名称,DSN文</CTRL>
    (例1)
    「外部参照名称」が”担当参照”の項目のDSNを設定
    <CTRL>[DSN],担当参照,Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\FormPatData\form\sample.mdb</CTRL>
    (例2)
    「外部参照名称」が”担当参照”の項目のDSNを外部DSN定義を参照
    <CTRL>[DSN],担当参照,DSNxxx</CTRL>
    DSNxxxの実際の内容はオプション環境ファイル(option.config)に定義します。
    詳しくは「環境ファイル・リファレンスガイド」の「オプション環境ファイル(option.config)」を参照してください。
    (例3)
    「外部参照名称」が”担当参照”の項目のSQL文を設定
    <CTRL>[SQL],担当参照,SELECT コード, 担当名 FROM 担当 ORDER BY コード</CTRL>
    注意:固定リテラルの行のみの定義は可能ですが、DSNとSQL文は2行を対で定義してください。

SetControl.xml はFormPat実行環境のフォーム定義ファイル(XMLファイル)と同じフォルダへ格納します。
これは、FormPatの「フォーム設定」画面の[フォームファイル送信]ボタンからアップロードすることで行えます。