初めてデザイナーを使用するときの環境設定から電子フォームの作成方法まで解説します。
最初はデザイナーの環境設定を行います。

  1. 定義ファイルを格納するフォルダを決めて、フォルダを新しく作成する。
    デザイナーでフォームを設計すると、その定義データとしてXMLファイル(拡張子xml)と画像ファイル(拡張子png)が出力されます。
    これらのファイルを格納するフォルダを作成してください。このフォルダは後でも変更は可能です。
    当サイトでは C:\Form を使用することにします。
    エクスプローラーで新しいフォルダ C:\Form を作成してください。
  2. 画像フォルダを指定する。
    デザイナーを起動して、[画像フォルダ変更]アイコンをクリックして、C:\Form を指定します。
    ([ツール]→[画像フォルダ変更]を選択でも同じです。)
  3. 項目の既定値を指定する。
    [ツール]→[オプション]からオプション画面を表示し、項目の既定値を指定します。
    「環境設定」タブでは、「グリッド間隔」は好みの値を入力、「項目の移動/サイズ変更」は[常にグリッドに合わせる。](推奨)を選びます。

    「プロパティ」タブでは、テキスト項目の文字入力項目の文字桁数、数値入力項目の数値桁数、フォント名、フォントサイズ等の既定値を指定します。
    – 補足 –
    テキスト項目の文字入力は左詰、数値入力は右詰、日付入力は左詰が既定値になります。上下位置は常に中央になります。
    – 注意 –
    サーバーにないフォント名を指定すると 電子フォームとワークフローシステム FormPat の印刷で文字が空白になります。
  4. グリッドを表示する。
    [表示]→[グリッド]を選択してグリッドを表示すると作業がし良いでしょう。