ここでは、日付印画像ファイルの作成手順を説明します。

  1. スタンプ作成 を起動して、[作成]をクリックします。
  2. スタンプウィザード画面では、[基本形選択]から日付印パターンを選択してください。
    日付印パターンとは3段で中央に空白行がある印影パターンです。
    印影の作成手順は「スタンプ作成の基本操作」を参照してください。
  3. メイン画面では、[保存]ボタンをクリックします。

    「名前を付けて保存」ダイアログボックスでは、印影画像ファイルを保存する場所とファイル名を指定して保存します。
    このとき、ファイル名の拡張子は必ず png を指定してください。「例:Stamp.png」(*1)

保存した印影画像ファイルはサーバーへアップロードすると FormPat で利用できます。
手順は「サーバーへアップロード」を参照してください。

(*1) FormPat v5.0.x.x以前では日付印はBMP形式に限定されますので bmp を指定してください。