ボタンをクリックすると任意のデータベースを参照するポップアップウィンドウを表示します。
テキスト項目にデータベース参照ウィンドウで選択したデータをセットします。

 

  • 新たに項目を追加するときは、DB参照ボタンアイコンをクリックします。
    または、[編集]→[項目追加]→[DB参照ボタン]を選択します。
  • ポインタをドラッグして項目を配置します。
  • 「プロパティ画面」→「基本情報」タブの「固定リテラル」にボタンに表示したい文字を入力します。
  • 「プロパティ画面」→「詳細設定2」タブの「ポップアップ行数」にデータベース参照画面に表示するデータ行数を入力します。行数を超えてもページ送りが可能です。
  • 「プロパティ画面」→「DB参照」タブの「DSN」にデータベースを指定するための識別名(Data Source Name)および、「「SQL文」にSQL文を入力します。
    詳しくは「プロパティ定義 – DB参照」を参照してください。
  • 「プロパティ画面」→「DB参照返値」タブの「返値番号」と「項目名称」にデータベースから取得する列番号とデータをセットする項目名称を設定します。
    詳しくは「プロパティ定義 – DB参照返値」を参照してください。

情報
ポップアップウィンドウのデフォルトサイズを変更する。